転職 英語 履歴書 サイズ

転職〜英語での履歴書のサイズ〜

転職,英語,履歴書,サイズ

最近では、昔のように一度就職をしてしまえば終身雇用で安泰だという時代は過ぎたので、転職をするという事は全く珍しいことではありません。転職活動を行うときに外資系の会社などを受ける場合には、英語で書かれた履歴書や職務経歴書など応募書類が必要になることがあります。その際に、どのように作成するかについては意外に分からないという人も多いようです。日本語の場合には、文房具店やコンビニエンスストアなどでも簡単に履歴書を買うことが出来ますが、英文となるとそうはいきません。アメリカなどでは、特に決まった雛形などにこだわらずに、各自で自分らしい書き方をするのが主流となっています。サイズなどもよほど極端なものでなければ、自由にしても良いことになっています。ですから、日本であっても外資系で働く外国人が読むことが多いでしょうから、特に神経質になる必要もなく、自分で見やすいと思うように作ってみることをお勧めします。また、項目ごとに色を変えてみたり、フォントなどを変えることで更に分かりやすくなりますし、自分らしさを表現することにもつながるので、オリジナリティーあふれるものになり、人事担当者などの印象に残るというメリットもあります。

転職する際には、資格や英語が有利になります。

転職,英語,履歴書,サイズ

私たちは、転職する時に、転職サイトを利用したりします。 転職サイトでは、以前はどのような仕事をしていたか、何か資格を持っているか、どのような仕事を希望しているかなどの情報を聞かれることがあります。 それらの情報を元にして、就職先を紹介してもらったりする訳ですが、中には英語が出来ることが有利になる仕事もあります。 例えば、貿易事務などは、海外企業などと取引をするため、語学力は必須であり、英語が話せることが採用条件となっています。 その他にも、通訳も、ビジネスやイベントなどさまざまな所で、日本語と外国語の意思伝達をするのが仕事であり、語学力が必要になります。 そのため、これらの仕事に就く場合には、相当な語学力が必要となります。 英語が出来ると、このように仕事の幅も拡がるのです。 他にも、事務の仕事を希望している場合には、マイクロソフト オフィス スペシャリストや、病院で働く場合には、介護職員初任者研修や医療事務などがあれば、就職しやすくなります。 何もない状態だと、なかなか就職は難しく、無職の期間を延ばすことにもなります。 語学力や資格は、転職の際にはとても強みになるので、出来ればどちらも取得しておきたいものです。

更新履歴